HISTORY ミミティーの誕生

ミミティーは、2017年11月に台湾台北市で誕生し、
現在は台湾全土に店舗を展開する蜂蜜ティースタンドです。

蜜源となる植物の種類によって、全く異なる香りや味わいを楽しむことができる奥深さと、
豊富な栄養を兼ね備えた天然蜂蜜に大きな可能性を感じ、
台湾蜂蜜本来の豊かな風味を活かしたドリンクメニューの開発をすすめてきました。

標高3,000メートル級の高峰が連なる中央山脈の麓、豊かな蜜源に囲まれた環境で採取され、
深いコクと上品な甘さに加え、低温加熱処理により蜂蜜に含まれるビタミンやミネラルを損なうことなく、
豊かな風味を存分に活かしたドリンクメニューを提供しています。

COMMITMENT ミミティーのこだわり

01

原材料の選定

添加物・保存料・甘味料を一切含まない100%純粋蜂蜜のみを使用。台湾各地の養蜂場を巡り、厳選された蜂蜜を生産者から直接日本に仕入れています。また、いつでもどこのお店でも、変わらぬ味をお届けできるよう、茶葉やタピオカパウダーなどにも厳格な基準を定めたうえで、生鮮食品を除くすべての原材料を台湾から仕入れており、法令に基づいた食品輸入検査・届出の過程を経て、日本国内のミミティー店舗で使用されます。
おいしさを追及する姿勢はもちろん、2020年6月に日本でも義務化が開始されたHACCP(食品衛生管理の国際基準)やISO(食品安全マネジメントシステムの国際規格)への準拠をSGS検査認証※などの第三者認証機関によって証明されているものを使用するなど、原材料としての安全性に加え、製造工程や販売の段階に至るまで適宜モニタリングを行い、食品安全管理の向上に努めています。
※スイスに本社を置く世界最大の検査・認証機関。

02

製造品質

茶葉本来の香り・風味・味わいを最大限に引き出すため、温度、茶葉の量、抽出時間、氷の量や形状など、細部に至るまで徹底した管理を行い、一杯一杯を丁寧に作っています。

おそらく日本国内ではミミティーでしか目にすることができない、三日月形のクレセントアイスは、全体がきれいに透き通っており、まるで宝石のような美しさが特徴的です。

透明度の高い氷は、不純物が極めて少ないために溶けにくく、味や温度の変化を抑えて、作りたての味をより長時間にわたって維持することができます。こうした小さなこだわりの1つ1つ積み重ねが、ミミティー品質を創っています。

03

遊び心を取り入れた空間

ミミティーの店内にはブランコやシーソーなど、公園でよく見かける遊具が設置されています。忙しない日常から、ほんのひととき童心に帰っていただくきっかけになれば、という想いが込められています。

驚きと感動に満ち溢れ、目に映るものすべてが色鮮やかに見えていた幼少期の頃のように、心のなかに小さなワクワクを再び灯し、おだやかで幸せなひとときを過ごすことのできるお店づくりを目指しています。